地域生活支援センター あーす

(地域生活支援センター・計画相談支援)



~ あーす(地域生活支援センター)の役割について ~


ゆっくりと滞在できるサロンがあり、ひとやすみの場・仲間づくりの場・おしゃべりする場・やってみたいことを実現する場など、自由に過ごすことができます。プログラム活動として、昼食作りや運動などの活動もしています。

 

 

あーすのことをもっと詳しくを知りたい方は右のボタンをクリックして下さい! ➔



~ あーす(地域生活支援センター)の活動について ~


●日常生活の相談

●ゆっくりすごす場の提供

●プログラムの開催など

 プログラム:昼食やお菓子を作ったり、手芸や書道、体を動かすプログラムもあります

  外出レク:メンバーから出た意見で行きたい場所を決め、外出します

    相談:サロンで話しをするとき、相談室を使った相談も可能です

         プログラム

 外食レク・書道プログラム・お菓子作りプログラム

           SNSへの投稿

 

あーす

Youtube

チャンネル


 

 

 

 

 

あーす

Twitter



 

 

 

地域生活支援センターあーすのメンバーさんが

作成したHP

        ↓ こちらをクリック!

 

地域生活支援センターあーす (flap-earth.sakura.ne.jp)



~ あーす(地域生活支援センター)のご利用方法について ~


●大東市が居住地であり、かつ精神科・心療内科に通われている方が対象です

●通院先の先生に「通所していいか」確認してください

●見学、体験4回を行った後に書類をお渡ししますので、持参後に面談し、登録となります



~ あーす(計画相談支援)について~


こころの病や障害のある方がサービスを利用し地域で自分らしい生活を実現するために、

相談支援専門員が思いや希望をお聞きし、ご本人とともに「サービス利用計画」を作成します。

相談支援専門員は、調整役としてサービス事業者等との連絡調整や連携を行います。

いろいろな障害福祉サービスのご案内やどのようなサービスを利用しあたらよいのかなどの相談から対応します。まずは「今の生活で困っていることについて相談したい」、「これからこんなふうに生活していきたいんだけど…」といった身近なことからご相談ください。相談者の皆さんの状況を把握して地域のサービスや関係機関につなげる

支援、さまざまな制度利用の情報提供を行います。


~ 計画相談支援の概要について ~


 指定特定相談支援事業、障害児相談支援事業、指定一般相談支援事業、自立生活援助事業、

居住支援法人【医療的ケア児等支援者養成研修過程終了・精神保健福祉従事者研修過程修了】


~ 計画相談支援のご利用の流れについて ~


1.お住まいの市町村の障害福祉課に計画相談の申し込み(必要な人は障害支援区分の認定)

2.どんなサービスを使いたいかお伺いします

3.利用計画案の作成

4.支給決定が出たら福祉サービス事業者とサービス担当者会議

5.利用計画の作成

6.定期的なモニタリング